都心部でも心細くない?ルームシェアという手段

赤の他人と暮らす

今流行りのルームシェアは全く顔なじみがない方と暮らすこととなるので、どのような人が向いているのでしょうか。検討しているのなら、ルームシェアに向いている人の性格を覚えておくべきです。

向いている人TOP5

no.1

自立している人

仕事をしているのはもちろんのことですが、後片付けなどを他の人から言われなくても自分でできる人がいいとされています。ですので、精神的に落ち着いているのなら契約してみると良いでしょう。

no.2

コミュニケーションを取れる

仕切りがあるとはいえ同じ部屋を使っているので、同居人のマナーが悪ければ注意をすることも大切です。その時に、自分の意見だけでなく相手の心情も考えて話せる方がいいと言えるでしょう。

no.3

心の広さ

自分とは全く趣味嗜好が違う方が住んでいるので、その人のことを尊重するタイプの方は契約をすると良いでしょう。特に、個人の趣味に関して口出しをしてしまうようなら関係を悪化させるので、控えておくべきです。

no.4

経済力がある

部屋を借りるということは、家賃や光熱費、日用品などを自分で賄わなければなりません。それを怠ってしまうと、周りの方に迷惑をかけてしまうので、安定した収入があるかどうか客観的に見ると良いでしょう。

no.5

恋愛に発展しない

ルームシェアは時に異性が暮らすこともあるので、一緒にいると恋仲になってしまうことがあります。そうすると、話声や喧嘩をする声が隣の部屋まで聞こえてくるので、家の中ではタブーとされているのです。

都心部でも心細くない?ルームシェアという手段

男の人と女の人

リフォームされている

基本的にルームシェアは昔学校の寮や民家などを用いる形となっているので、プライベートな空間を容易に手に入れることが可能となっています。そして、共有するスペースはリビング、キッチン、トイレ、お風呂場、洗濯機だけですので、常に人の目線を気にすることもありません。

デザイン物件が多い

都心的でオシャレな部屋に住みたいと思う方は老若男女問わずいますが、料金が高く叶わぬ夢になっている方がほとんどです。しかし、ルームシェアにすることによって、綺麗な家をゲットするだけでなく、家賃を抑えて入居することができるでしょう。

運営事業者がいない

ルームシェアに入居をする際には、必ず運営事業者と契約書を結ばなくてはなりませんが、部屋に直接住んでいるということは稀になっているので、監視されたような感覚に陥ることがありません。ですので、リラックスして生活をすることができるでしょう。

敷金礼金の有無

敷金礼金代ではなく、デポジットという保証金を納めなければルームシェアを開始することができません。ですので、デポジットがどのくらいの金額になっているのか質問しておくと良いでしょう。また、敷金礼金のように退去時には返金してもらうことができます。しかし、備品に破損が認められたり、違反行為があったりしたらその中から現金を徴収されることがあります。ですので、契約内容を熟知してから契約を進めると良いでしょう。

住んで良かった瞬間

友達ができた

私は田舎から上京したので、最初のうちはホームシックになってしまうのではないかとドキドキしていました。しかし、ルームシェアにして友達ができたので、毎日楽しく住むことができています。

ペットの世話をお願いできた

うちが住んでいるところはペットがOKだったので、猫を飼っていました。たまには羽を伸ばしたいと長期間の旅行を計画していることを話したら、世話を買って出てもらえたので、ここにして良かったと思っています。

料理の腕をふるえた

自分は料理をするのが好きなので、一人暮らしをしても自炊をする予定でいました。ですが、せっかくなら人に食べてもらいたいと思いルームシェアに。ルームメイトから毎日おいしいという声をもらっているので、とても嬉しいです。

広告募集中